本文へスキップ

お菓子の種類と分類

お菓子のいろいろな種類を分類し列挙しました。

 独自の考えで組み立てたお菓子の分類。

 お菓子の分類    ※ 不都合な点も多々あるかもしれませんが、ご了承ください。

大分類 中分類 小分類 説    明
和菓子 和菓子 【1】和菓子 消費期限表示のもの、1週間以内の日持ちが短い生菓子、饅頭等・・・・
【2】和半生菓子 比較的日持ちの長い(1か月程)、水分量の少ないゼリーやほうずい等・・・
砂糖菓子 【3】飴・キャンディ 主原料を砂糖で作った、いろいろな飴類。
【4】その他砂糖菓子 主原料を砂糖で作った、飴類以外の金平糖、ゼリービンズ、落雁、和三盆糖の干菓子・・・・。
米菓 【5】うるち米 主原料うるち米(毎日食べるご飯)で、焼いたり揚げたりして作った、通常せんべいといわれるお菓子。
【6】餅米 主原料もち米(赤飯やお餅の原料)で、焼いたり揚げたりして作った、通常おかきやあられといわれるお菓子。
その他焼き・揚げ菓子 【7】焼き菓子  主原料を小麦、米粉等で焼いて仕上げた、和風の八つ橋やピーナッツ煎餅等・・・・・
【8】揚げ菓子 主原料を小麦や穀物類等で揚げて仕上げた、和風のかりんとう等・・・・・
洋菓子 洋菓子 【9】カステラ・ケーキ 主原料、小麦粉、バター、砂糖、卵等で作られた俗にいうカステラ・ケーキ類
クッキー・パイ 【10】クッキー 主原料、小麦粉、バター、砂糖、卵の量をいろいろと組み合わせた洋風の焼き菓子。サブレ、チョコレートクッキー等・・・・
【11】パイ
主原料、小麦粉、バター、塩で、練った粉とバターを何層にも重ね合わせてつくります。
チョコレート 【12】チョコレート  カカオマスに砂糖やミルクをを混ぜ、甘みのある風味にしたお菓子
スナック菓子 【13】スナック菓子 主原料、小麦粉や穀物類を揚げたりした現代風のかるーい食感のお菓子。

【1】 和菓子

八ッ橋ショコラ

1、蒸したもち米や餅粉を練って、生地そのものや、中に餡をいれたもち菓子。
  蒸した餅米を丸め、きなこや粒餡で、包んだおはぎ、お彼岸によく食ます。 餅粉で作った皮であんを包んだ大福もち。 餅粉を蒸して練り上げた生地を、ニッキや抹茶等の風味に仕上げた京都宮部の定番生八ツ橋、その生地で粒餡等を包んだお菓子もたくさんあります。  米粉などの穀粉に砂糖を練り合わせ、蒸して作る名古屋名物ういろう。 もち米粉、上新粉、白味噌、砂糖などを混ぜたものを蒸したゆべし、地方によって柚子の果肉、くるみ、ごまなど混ぜて蒸しあげます。

2、小麦粉で作った皮に餡や栗を入れたおまんじゅう。
  小麦粉で作った皮で、粒餡を包んだどら焼き(最近では粒餡の中にきざみ栗や餅を塗しているものもあります)。 栗と白あんを包んだ栗まんじゅう

3、白玉粉や上新粉で作っただんごや中にあんを入れたもち菓子。
  端午の節句に食べる、上新粉で作った皮で餡を包んだ柏餅。、みたらしだんご、よもぎ餡、やずんだ餡を載せただんご。 白玉粉に、水と砂糖を入れ練り合わせた生地を焼いた皮でこしあんを包み込み桜の葉で巻いた桜餅。 昔懐かしいきなこを塗して食べるわらびもち

4、寒天、砂糖、餡などを煮て溶かしたものを型に流し込んで固めたもや、をカットして作ったお菓子。
 寒天液にこしあんを混ぜ冷やし固めた水ようかん。 みつ豆の寒天

【2】 和半生菓子(上記和菓子に対し、水分量の少ない、日持ちのする半生菓子です。)

すはまロール

1、餡を、砂糖で包んだお菓子
  丸め固めたこし餡に蜜をかけて作られた京菓子の松露。(松露とはキノコの一種ですがよく似ているのでこの名前が付きました。)

2、餅のでんぷんから作った皮でいろいろな餡を挟んだ、最中

3、砂糖に卵黄や水あめを入れ練って焼く、桃山

4、寒天ゼリー
   表面のしゃりしゃりした砂糖と、中のぷるぷるした寒天の食感、琥珀。 寒天に砂糖をかけたものや、オブラートで包んだ寒天ゼリー(通常ゼリー菓子)、野菜や果物の形等いろいろな形のものがあります。

紅白のうさぎほうずい

5、大豆粉(きなこ)と砂糖、水飴で練り上げた団子を3個串にさした、すはま団子。 すはまを板状にし、中に寒天と卵白で作った、和製マシュマロともいわれるほうずいを巻き込んで仕上げた、すはまロール

6、和製マシュマロともいわれるほうずい
   主原料に砂糖、水飴、寒天、卵白で作ったマシュマロ様のお菓子。マシュマロがゼラチンを使っているのに対し、ほうずいは、寒天を使います。食感はほうずいのほうがギュッと噛み切るような感じです。

【3】 飴・キャンディ
  砂糖を、100度以上の高温で煮詰め、冷やすと固まる性質があるのを利用して作られたものです。

1、手作り飴
   昔ながらの手作業で、柔らかくなった飴に空気を混ぜて白くしたものや、いろいろな色を混ぜ切り口に絵柄が出る用にカットした細工飴があります。七五三の飴や手まり飴、その他、果物、野菜、その他クリスマスやハロウィンの絵柄の入った飴などたくさんあります。

2、機械づくりのいろいろな味や香り、形の飴
   なつかしいフルーツ味のドロップ、黒砂糖を混ぜた黒糖飴や、ミルク風味、ドクダミエキスの入ったのど飴等いろいろな味の飴があります。その他、果物、野菜、動物等、多種さまざまな形のものもあります。

【4】その他の砂糖菓子

和三盆糖のお菓子

 1、型に押し込んで固めた干菓子
  四国徳島・香川地方にできる砂糖きびを古くからつたわる製法にて作りあげた和三盆糖を、いろいろの美しい型で押したもので、上品な風味と姿の、和三盆糖の干菓子

 京都のちょっとした進物やお土産、慶事菓子にも大変良く使われています。 主原料が砂糖、寒梅粉、ぶどう糖等を混ぜ合わせたものを型に押して作った落雁
 お供え菓子等で紅白の蓮の花等のものがお彼岸や、お盆によく見かけます。

2、その他、昔ながらのゼリービンズや金平糖
  水飴、砂糖、乳糖、澱粉、寒天等の原料で作られた昔ながらのカラフルなゼリービンズ

 回転鍋にザラメ砂糖を入れ、熱い蜜を少しづつかけ回転しながら角ができるまで1〜2週間かけ出来上がる金平糖。砂糖に香料・着色料のみを加えただけのものです。

【5】うるち米で作ったせんべい

  日常食べるご飯がうるち米です。それを蒸して練り上げたものを、焼いたり、揚げたりします。
 味は醤油のせんべいやサラダ風味の塩味が基本ですが、七味やこしょう、カレー粉、のり、味噌、ごま、にんにく、チーズ等を加えた商品もいっぱい出回っています。

【6】餅米でつくったおかき・あられ

  お餅の原料であるもち米を蒸してつきあげたを、焼いたり、揚げたりします。
 味付けはうるち米のせんべい同様、多種あります。通常丸やきりこの小さく仕上げたものをあられ、それよりは大きく、板状になったもの等をおかきといいます。のり巻き、かきもち、揚げ餅など種類も味も多種出回っています。

【7】焼き菓子
 主原料を小麦、米粉等で焼いて仕上げた、和風のお菓子

八ツ橋

 米菓のせんべいではなく、練った小麦粉にピーナッツやごま等いろいろなものを混ぜ合わせて焼いたせんべい。ピーナッツ煎餅などをはじめいろいろ味のものがあります。

 かわらせんべいや、縁日などで鉄板の上に薄くまるく伸ばした生地を焼き上げたものもよく知られています。 米粉を使ってかわら状に焼き上げた、ニッキ風味の八ツ橋は京都土産でも大変有名です。

【8】揚げ菓子
   主原料を小麦や穀物類等で揚げて仕上げた、和風のお菓子

 ドーナツやクッキーもこれにあたりますが、ここでは和風のお菓子を取り上げています。
 小麦粉に砂糖を混ぜ小さく切り、油で揚げ砂糖等を塗す花林糖(かりんとう)が代表的なものです。ピーナッツ、ミルク、ごまかりんとうや、黒糖を混ぜた黒かりんとうなどいろいろな種類があります。

 それ以外にも、サツマイモを、細長く切りそろえ、油で揚げ、砂糖を塗した芋けんぴ、平たく薄くカットしたもの揚げた芋かりんとうなどもあります。又、紫イモを使った商品もあります。

【9】カステラ・ケーキ
  主原料、小麦粉、バター、砂糖、卵で、たまごをよく泡立たせることによって、たくさんの空気の気泡ができ、それをオープン等で焼くことによってふっくらと柔らかい食感のものができあがります。

1、いろいろなデコレーションケーキなどを作る基本のスポンジケーキ、中にチョコレートやバタークリームなどを挟み巻き込んだロールケーキ、きめの細かい生地に仕上げるために、バターを使わずサラダ油を使い、おおめのランパクを加えて膨らしたシフォンケーキ

2、又、バターをたっぷりと使い重量感のあるバターケーキ。ドライフルーツ、オレンジの輪切りを入れたものや、バナナピューレを練り込んだものなどたくさんの種類があります。貝殻の形をしたマドレーヌもバケーキです。

【10】クッキー
  主原料、小麦粉、バター、砂糖、卵のバター風味の洋風焼き菓子です。

 作り方は以下のの3種類に分けられます。たまごが多く柔らかい生地で絞り出して形をつくる、絞り出しタイプ。たまごが多く柔らかい生地で絞り出して形をつくる、型抜きタイプ(粉を混ぜたらラップで包んで生地をねかせる)。冷やして固め形を作るアイスボックスタイプ(粉を混ぜたらラップで包んで生地をねかせる)。

 バター、オレンジ、レモン風味、ナッツ、木の実、胡麻の入ったサクサクのサブレ
 日本語訳で“猫の舌”のような薄く長いラング・ド・シャ
 チョコレート、チョコチップ、松の実クッキーなど、ザクザクとした歯切れの良さ、アメリカンクッキー
 美しい焦げ茶の格子模様をつけたガレット
 クリスマス時期によく見かけられる、人形、ハート、ツリー、ひいらぎの葉等の形の薄いクッキー、食感がパリッとしたジンジャークッキー。その他、全世界には数えきれないほどの種類があります。

【11】パイ
  主原料、小麦粉、バター、塩で、練った粉とバターを何層にも重ね合わせてつくります。パイは英語で皿のようなケース、フランス語ではタルトと呼ばれます。。

 グラニュー糖を塗した葉っぱの形のリーフパイ
 焼きたての風味がたまらなく美味しいアップルパイ
 ハロウィンにもぴったりの素朴なかぼちゃの風味、パンプキンパイ
 その他、洋なし、メロン、スィートポテト等をのせたパイ。
 クリームとパイ生地が幾重にも重なり合った美味しさ、ミルフィーユ
 かるーい塩味やチーズ風味のスナック的な一口サイズのパイ

【12】チョコレート
 ローストしたカカオ豆の殻を除き、砕きます。さらに細かくすりつぶすと、含まれるカカオバターなどがどろどろペースト状になって出てきます。このペースト状のものがカカオマスでチョコレートのもとです。これに砂糖やミルクをを混ぜ、チョコレートを作ります。

【13】スナック菓子
 主原料、小麦粉や穀物類を揚げたりした現代風のかるーい食感のお菓子。

 じゃがいもを薄く切り植物油でカラッと揚げ、塩やコンソメ風味に仕上げたポテトチップス
 トウモロコシのポップ種(爆裂種)を乾燥させた粒を、油やバターをひき数分間炒り続け、種皮が弾けて大きくなったものに食塩を塗したポップコーン。またはシロップやキャラメルなどをかけたキャラメルポップコーンもあります。 又、小麦粉を使った生地をふっくらとかるーく揚げた商品もたくさん出回っています。